けんちゃんのひとりごと

≫プロレス観戦(他団体)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月13日 ノア大阪大会

プロレスリング・ノア『Spring Navig.'10』
4月13日 大阪府立体育会館・第2競技場 (18:30開始)


この日は久しぶりに親友と観戦。
夜勤明け、観戦までにミナミの街を歩き回ったこと、食後間もなかったこと、暗めの会場etc
眠気を誘う要素がありすぎて、親友は後半Zzz ^^;



- 健介オフィス所属選手の試合 -

◆第3試合 - 30分1本勝負
起田高志、●宮原健斗 [ 13分35秒 片エビ固め ] 石森太二、リッキー・マルビン○

※健斗くんがマルビンをあわやカウント3って場面が一度あったりもして粘ったものの
相手はジュニアタッグ王者だから致し方なしか。
起田さんはこの日も凄い顔の猪突猛進のファイト。
P4130264.jpg P4130276.jpg P4130285.jpg P4130289.jpg
P4130309.jpg P4130336.jpg P4130355.jpg P4130371.jpg
P4130375.jpg P4130383.jpg P4130389.jpg P4130394.jpg

◆セミファイナル - グローバル・リーグ戦'10 Aブロック公式戦 30分1本勝負
佐々木健介 [ 14分14秒 ラリアット~片エビ固め ] 佐野巧真×

※中盤、健介さんが劣勢になったことで佐野選手勝利の期待が高まったのか
大きい佐野コールが起こったりと、かなり盛り上がる。
互いのフィニッシュホールドは同じノーザンライトボム。
その体勢に入ったのは佐野選手だったものの、それを許さず逆にノーザンを決めたのは意地か。
今までにノアマットで見た健介さんの試合の中では、一番面白かったかも。
P4130503.jpg P4130504.jpg P4130508.jpg P4130512.jpg
P4130530.jpg P4130534.jpg P4130536.jpg P4130540.jpg
P4130571.jpg P4130574.jpg P4130578.jpg P4130586.jpg

P4130597.jpg P4130608.jpg




- その他の試合 -

◆第1試合 - 150分1本勝負
○谷口周平 [ 8分54秒 ジャーマンスープレックスホールド ] ジェイソン・ジョーンズ×

◆第2試合 - 30分1本勝負
田上明、×青柳政司 [ 11分 横入り式回転エビ固め ] 井上雅央、青木篤志○

◆第4試合 - 30分1本勝負
森嶋猛、○齋藤彰俊 [ 11分12秒 スイクルデス~片エビ固め ] 高山善廣、平柳玄藩×

◆第5試合 - 30分1本勝負
○杉浦貴、潮崎豪 [ 14分14秒 アンクルホールド ] 秋山準、小川良成×

◆第6試合 - 30分1本勝負
力皇猛、モハメド・ヨネ、○金丸義信 [ 13分26秒 ジャックナイフ式エビ固め ] バイソン・スミス、キース・ウォーカー、デリリアス×

◆メインイベント - グローバル・リーグ戦'10 Bブロック公式戦 30分1本勝負
×丸藤正道 [ 22分21秒 垂直落下式ブレーンバスター~片エビ固め ] 川田利明○


※前回の大阪に比べると、全体的にきちんとしていた感じ。
セミ終了後と同時に自然に起こった大・川田コールが一番印象的だった。
リーグ公式戦はどちらも良かったし、やっぱりセミ・メインがきっちり締まると気持ち良く帰れる。
P4130248.jpg P4130256.jpg P4130419.jpg P4130464.jpg
P4130471.jpg P4130484.jpg P4130626.jpg P4130671.jpg





・・・全試合終了後
健介オフィスの売店にいた健介さんの前へ行くと
「おぉ^_^」って微笑んでくれた。この日は、なによりもそれが嬉しかった・・・=^^=
スポンサーサイト

2月18日 ノア大阪大会

プロレスリング・ノア『The Second Navig.'10』
2月18日 大阪府立体育会館・第2競技場 (18:30開始)


昨年は後楽園や吉川の健介オフィス道場に遠征、というほうが多かったのもあり
気づけば、大阪府立には1年もゴブサタ・・・
P2180162.jpg

杉浦-真壁GHC前哨戦、ジュニアタッグ王座決定戦、川田参戦などなど
第2にしては良いカードを揃えてきたのもあってお客さんの入りは上々(自分は勝彦vs森嶋戦が目当て)

因みに、この日の興行は8試合あったものの
内5試合が10分以内で終わり、さらにその内2試合は1分台。
開始~終了までが2時間にも満たないという、ノアらしからぬ(?)超ハイスパートっぷり。
まあ・・・だらだら長引くよりはそのほうが疲れなくて良いかも。




- 健介オフィス所属選手の試合 -

◆第1試合 - 20分1本勝負
○田上明、起田高志 [ 5分43秒 首固め ] 志賀賢太郎×、青柳政司

※9割がた起田さんが動いていたか。
田上社長はほんと馬場さん化したなという印象・・・
P2180982.jpg P2180985.jpg P2180994.jpg P2181005.jpg

◆第3試合 - 30分1本勝負
佐々木健介、小川良成 [ 10分53秒 ノーザンライトボム~体固め ] 齋藤彰俊、エディ・エドワーズ×

※健介・小川の同期タッグは剛と柔でバランスも良く、タッチワークもスムーズ
息の合った動きで危なげなく勝利。
健介さんの決めにいったラリアットを返したエディ選手の粘りは良かった。
P2181073.jpg P2181085.jpg P2181097.jpg P2181113.jpg
P2181130.jpg P2181134.jpg P2181149.jpg P2181166.jpg
P2181186.jpg P2181198.jpg P2181205.jpg P2181218.jpg
P2181233.jpg P2181239.jpg

◆第5試合 - 30分1本勝負
×中嶋勝彦 [ 7分38秒 バックドロップ~片エビ固め ] 森嶋猛○

※ボディスラムは阻止されるも、ジャーマンでブン投げ成功(ただ、ホールドは出来ず)
そのあともう一度ジャーマンを狙った際、森嶋選手の体重に押しつぶされる形で
危ない崩れかたしてヒヤッとする。怪我はなかったみたいで一安心A-_-)
追い込む場面があったかというと微妙。前回対戦時よりも力の差を見せ付けられたように思えた。
P2181274.jpg P2181279.jpg P2181281.jpg P2181294.jpg
P2181320.jpg P2181326.jpg P2181340.jpg P2181349.jpg
P2181362.jpg P2181374.jpg P2181380.jpg P2181386.jpg
P2181401.jpg P2181405.jpg P2181413.jpg P2181417.jpg




- その他の試合 -

◆第2試合 - 20分1本勝負
○丸藤正道 [ 9分24秒 不知火~片エビ固め ] ボビー・フィッシュ×

◆第4試合 - 30分1本勝負
力皇猛、モハメド・ヨネ、×ブキャナン [ 1分6秒 ランニングニーパット~エビ固め ] 秋山準○、高山善廣、佐野巧真

◆第6試合 - 30分1本勝負
×井上雅央 [ 1分57秒 レフェリーストップ(※ストレッチプラム) ] 川田利明○

◆セミファイナル - GHCジュニアヘビー級タッグ王者決定トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
×金丸義信、平柳玄藩 [ 13分48秒 450°スプラッシュ~エビ固め ] 石森太二○、リッキー・マルビン
※石森、マルビン組が第11代王者

◆メインイベント - 60分1本勝負
杉浦貴、×青木篤志 [ 15分31秒 キングコングニードロップ~体固め ] 真壁刀義○、本間朋晃


※カード発表時に“川田利明”の名前が読み上げられたときの反応はかなり大きかった
第4試合は高山&佐野と力皇&ヨネが一度もリング上で戦うことなく場外乱闘→控え室。なにこれ?
それまでの試合があまりに短いぶん、ジュニアタッグの試合ががっつり長い時間になるか
・・・アレ?15分もかからず決着ついた。でもマルビン選手がほんとに嬉しそうでホッコリ。
メインでは真壁選手もさることながら、マホンさんが実に良いカオしてたな~・・・
P2181013.jpg P2181262.jpg P2181438.jpg P2181470.jpg
P2181510.jpg P2181518.jpg P2181568.jpg P2181606.jpg

びっくりプロレス 豊中大会

びっくりプロレス『お前ら見たらわかるやろ!!6』
5月31日 大阪・豊中ローズ文化ホール




- 健介オフィス所属選手の試合 -
◆第2試合 - 30分1本勝負
起田高志宮原健斗 [ 15分56秒 ダイビングボディプレス ] 高智政光、入江茂弘×

0531-01.jpg 0531-05.jpg 0531-07.jpg
0531-09.jpg 0531-010.jpg 0531-013.jpg
0531-012.jpg

◆セミファイナル - スペシャルタッグマッチ/60分1本勝負
中嶋勝彦、○飯伏幸太 [ 19分21秒 フェニックススプラッシュ ] 澤宗紀、円華×

0531-015.jpg
31100022.jpg 31100020.jpg 0531-016.jpg
0531-017.jpg 31100014.jpg 0531-019.jpg
0531-020.jpg 0531-021.jpg 0531-022.jpg



- その他の試合 -
◆第1試合 - 福田ユタカ復帰戦30分1本勝負
○高井憲吾、柏大五郎 [ 14分56秒 ジャーマンスープレックスホールド ] 内田祥一、福田ユタカ×

◆第3試合 - 30分1本勝負
○ディック東郷 [ 10分44秒 ブレーンバスター~片エビ固め ] 菊タロー×

◆第4試合 - 30分1本勝負
○HARASHIMA [ 17分9秒 蒼魔刀~片エビ固め ] 石倉正徳×

◆メインイベント - スペシャルシングルマッチ/時間無制限1本勝負
×マグニチュード岸和田 [ 25分8秒 スライディングD~片エビ固め ] 田中将斗○

31090023.jpg 31090006.jpg 31090002.jpg
31100025.jpg 31100002.jpg 31100001.jpg

ノア 京都大会

プロレスリング・ノア『グローバル・タッグリーグ戦'09』
5月3日 京都KBSホール (17:00開始)

P5030581.jpg



- 健介オフィス所属選手の試合 -

◆第3試合 - 30分1本勝負
○中嶋勝彦 [ 11分10秒 デスロール~片エビ固め ] 青木篤志×
23840023.jpg 23840022.jpg
0503-03.jpg 0503-06.jpg 0503-07.jpg

◆第5試合 - 30分1本勝負
佐々木健介、森嶋猛、×宮原健斗 [ 15分9秒 ネックハンギングボム~エビ固め ] ディーロ・ブラウン、ブキャナン、キース・ウォーカー○

0503-012.jpg
0503-014.jpg 0503-016.jpg 0503-015.jpg
P5030628.jpg



- その他の試合 -

◆第1試合 - 20分1本勝負
×伊藤旭彦 [ 9分49秒 変形バックブリーカー~片エビ固め ] リッキー・マルビン○

◆第2試合 - 30分1本勝負
○佐野巧真 [ 13分18秒 ノーザンライトボム~体固め ] 井上雅央×

◆第4試合 - 30分1本勝負
○金丸義信、鈴木鼓太郎 [ 11分42秒 エビ固め ] 百田光雄×、石森太二

◆第6試合 - 30分1本勝負
小橋建太、田上明、○KENTA [ 21分8秒 go 2 sleep~片エビ固め ] 力皇猛、モハメド・ヨネ、平柳玄藩×

◆セミファイナル - グローバル・タッグリーグ戦'09公式戦/30分1本勝負
バイソン・スミス、○齋藤彰俊 [ 19分26秒 スイクルデス~片エビ固め ] 秋山準、谷口周平×

◆メインイベント - グローバル・タッグリーグ戦'09公式戦/30分1本勝負
三沢光晴、×潮崎豪 [ 21分51秒 オリンピック予選スラム~片エビ固め ] 高山善廣、杉浦貴○

P5030587.jpg P5030591.jpg 23840004.jpg
P5030630.jpg P5030641.jpg 23840003.jpg


~追記~
今年の6月13日、三沢光晴さんが試合中の事故により急死という悲しいことがありました。
この日の興行はその1ヶ月前で、もちろん三沢さんもいつも通り出場していて。
このときに試合を見たのが最後となってしまいました...
P5030658.jpg

2月19日 ノア 大阪大会

プロレスリング・ノア『The Second Navig.'09』
2月19日 大阪府立体育会館・第2競技場 (17:00開始)




- 健介オフィス所属選手の試合 -
◆セミファイナル - 45分1本勝負
佐々木健介中嶋勝彦 [ 19分35秒 ストラングルホールドZ ] 秋山準、青木篤志×

0219-05.jpg 0219-06.jpg 0219-09.jpg
0219-010.jpg 0219-011.jpg 0219-013.jpg



- その他の試合 -
◆第1試合 - 30分1本勝負
×百田光雄、谷口周平 [ 10分20秒 延髄斬り~片エビ固め ] 井上雅央、青柳政司○

◆第2試合 - 30分1本勝負
金丸義信、○鈴木鼓太郎 [ 15分24秒 ブルーディスティニー~片エビ固め ] 石森太二、太田一平×

◆第3試合 - 30分1本勝負
田上明、佐野巧真、×平柳玄藩 [ 11分54秒 アンクルホールド ] 森嶋猛、杉浦貴○、伊藤旭彦

◆第4試合 - 30分1本勝負
三沢光晴、小川良成、○潮崎豪 [ 19分31秒 ゴーフラッシャー~片エビ固め ] ブキャナン、ダグ・ウィリアムス、リッキー・マルビン×

◆第5試合 - 30分1本勝負
○KENTA [ 11分59秒 go 2 sleep~エビ固め ] ロデリック・ストロング×

◆第6試合 - 30分1本勝負
○丸藤正道 [ 11分53秒 前方回転不知火~片エビ固め ] デイビー・リチャーズ×

◆メインイベント - 特別試合/60分1本勝負
バイソン・スミス、×齋藤彰俊 [ 18分11秒 無双~片エビ固め ] 力皇猛○、モハメド・ヨネ

2007世界最強タッグ決定リーグ戦-最終戦-雑記

出発前に、健介オフィスファンクラブの更新のため郵便局へ。
年会費5000円と手数料80円を

全部紙幣入れ口に。

・・・

「あ、そうか・・・硬貨は隣や」

と思っても、あとの祭り。
80円は機械の奥底にいってしまい、80円損しました。
ATM壊れてませんように・・・; ̄▽ ̄A

----------
最強タッグ優勝は武藤&ドーリング組

さて、今年の観戦納めとなった全日の大阪大会だったわけですが
全体的に良い流れの興行だったと思いますよ。
会場も盛り上がってましたし
武藤&ジョー組の優勝でハッピーエンドという形で
全日ファンの方には楽しめたのではないでしょうか。

ただ、健介ファンとしては第3試合がやっぱりね・・・
セコンドの乱入まみれで負けっていうのが
健介さんにとっても見ている側にとっても不本意で後味が悪かったです。
小島&諏訪魔なら、こんなセコンドの介入なくても
KK砲と良い勝負して勝てるでしょうに・・・
こんな形で勝たすんだったら下関でコジスワ勝たせれば良かったんです。
ただ決まった瞬間、勝手な想像ですけど
勝ったコジスワ組も無表情でささっと引き上げていったのを見ると
本当はこういう勝ち方は不本意だったのかな・・・とも思ったり。

健介さん自体は、すごい気合い入りまくりの叫びまくりでした
今年見た中でも一番すごかったかも 笑
これでまともに進行していけば、きっと良い試合になってたでしょうね・・・残念です。
12.9大阪:健介さん(1)

12.9大阪:健介さん(2)

12.9大阪:健介さん(3)


それから、セミの試合前にみのる選手へ花束贈呈があって、
渡し役が小さい女の子でした。明らかにおびえていました^^;;
その子から花束を受け取ると・・・
みのる選手はスッと手を差し伸べ抱っこしてあげていました。
タオル越しから垣間見えた優しい微笑みといい、
なかなか貴重な場面を見ることができましたよ^-^

あとは・・・みのる&ブッチャー組って良いコンビでしたね。
セミは試合自体はイマイチでしたけど、
試合後のみのる&ブッチャーの大立ち回りで
全部帳消しにして会場を大いに盛り上げていました。
てか、試合中のブッチャーさんって、本当にほとんど動かないですね^^;
妙な手つきとグダグダな動きで試合するゾディアックよりマシですが・・・笑
みのる&ブッチャー


そういえば「西村お前は男の恥だ!」の垂れ幕が大阪でも出てました。
これのためにわざわざ関東から来たのでしょうか・・・^_^;
「お前の思想哲学とは無断退職することか?」っていう垂れ幕も 汗
01.jpg

3年ぶりに・・・

昨日、さりげなく新日観戦してきました。新日観戦は
健介&みのるvs棚橋&中邑の試合以来なので3年ぶりでした。
ワールド記念ホールでの観戦も4年ぶりぐらいかと。
前回はここ来たときに5000円なくし
今回はカメラのフィルムをなくしました(なんとか写真自体は撮りましたが)
余計なジンクスを作ってしまったものです・・・--;

・・・とりあえず、主要試合の感想だけ書かせていただこうと思います。
----------------------------
第4試合は棚橋選手と後藤選手のIWGP前哨戦の6人タッグ戦でした。
会場の反応見る限り、期待度は後藤選手の方が高いのかなと。
その2人の絡みで印象に残っているのはエルボーの打ち合いです。
どっちもなかなか退かないところが、見応えがありました
そのときの棚橋選手の表情が「負けるか!」って感情が結構伝わってきたので
なかなか良かったです^-^

第5試合はG1タッグ公式戦の、真壁&矢野vs邪道&外道のGBH対決。
邪道&外道がしっかり見せ場も作ったものの、負けてしまいました。
真壁選手も、今健介さんとやらせたら楽しそうやなぁ・・・なんて(無理ですけど^^;)
3年前に比べたら風格も出ていましたし、個性も色濃くなったように思います。
となりにいた親友は途中寝てしまってましたけど 笑
この試合はそれなりに楽しかったです♪

セミもG1タッグの公式戦。蝶野&曙組とバーナード&トムコ組の試合。
曙がバーナードとかトムコを突き倒した場面が
この日一番会場が沸いた瞬間だったかと。
最後に曙見たのが2年前でしたから
そのときと比べるとだいぶ動けるようになったなと感じました
蝶野選手はすっかり衰えちゃったなぁ・・・という印象。

メインは田口vs金本のJrタイトル戦でした。
金本選手が全部出し切って負けたっていう感じがしなかったので
惜しい試合かな~という印象。悪い内容ではないけど
良かった!ともハッキリ言いきれないっていう感じでしょうか^^;
試合後は「次、まだ1人残っているでしょう?挑戦してくればいい」
と名前こそ言いませんでしたけど、ライガーを指名してました
---------------------------------
ちょっと手抜きな感想かもしれませんが、ごめんなさいm(_ _)m
今回、観戦してみて思ったのは

大切な彼女がいるんだけれど、
ちょっと合コンに顔出して違う女の人とお話してみた。
それなりに楽しい時間も過ごせたと思う。
だけど、他の人と接してみて、改めて彼女が一番最高だと実感した
浮気はやっぱりしようとは思わないなー・・・

・・・という心境でしょうか(なんじゃそりゃ)
やっぱり健介さんがいるのが一番良いです
12月9日の大阪が待ち遠しいです♪

8/23全日明石大会観戦記(その2)

第6試合:健介&ドーリング&真田vs小島&TARU&YASSHI
健介さん1
いつもと同じようにコーナーに上がってのアピール。
いつもと違うのは、健介さんの右腕・・・
テーピングとかもよほどのことがない限りしない健介さんですから
これを見る限り、右腕の状態がかなり悪いのでしょうか´・ω・`

この日はYASSHIが試合前のマイクパフォーマンス。
YASSHI「明石のタコ野郎ども!今日は何の日か知ってるか!?」
お客さん「TARUさんの誕生日ー」
YASSHI「それ!」
8月23日はTARUさんのお誕生日。35歳だそうで
それが嘘か誠かはともかくとして、おめでとうございます♪
お客さんの反応もタイミングばっちりでお見事でした

健介さん4
YASSHIとの力比べは左手だけでも問題なく圧倒。
「おしおきだーー!!」の掛け声とともに背中に平手打ち2発。
もんどり打つYASSHI。この日も元気にやられていました♪

健介さん6
右腕を気にする仕草や、痛そうな表情したり
というのも、たびたび見られました。腕が伸びない様子・・・

健介さん5
けど、試合中はそれを感じさせず、相変わらずの熱いファイトぶり。
痛い右腕でもチョップの説得力はそのまま。


健介さん7
健介さんが豪快な右腕ラリアットでYASSHIに勝利で決着。

バースデーを飾れなかったTARUさんが
「おい、今日は誕生日やから、負けといたったんじゃ。でもそんな右腕じゃ、両国はみのるに勝てんやろ。まぁそういうこっちゃ!」
と捨てぜりふ。健介さんもマイクを手に取り

「TARU、いくら何言おうと、負け犬の遠吠えなんだよ!」

と一喝。観客も拍手喝采で応える。そして最後に、


健介さん8
「いいか!26日両国!俺が三冠に挑戦して、ベルトを巻いてやるからな!」

と三冠奪取をファンに約束。
飾り気のない真っ直ぐなマイクパフォーマンスが健介さんらしい。
健介さんの両肩にかけられ、腰に巻かれると信じていますよ~。



さて、来週末は健介オフィス第2弾興行の観戦。
1日2日とお休みもいただきましたし、
あとはいろいろと準備して、
この夏、最後の行事を楽しみに待つだけです。

8/23全日明石大会観戦記(その1)

200708241854072.jpg
親友と明石産業交流センターってところで
全日観戦してきました。
この日の試合開始時間が18時半なので
3時頃に着けば入り待ち出来ると思った・・・・そんな時期もありました。

開始まで時間がたっぷりあったので、すぐ近くにあったマイカル明石で、
ご当地限定リラックマ(タコでだらら~んというやつ)を探すも
姿が見えない、お土産屋さんとかじゃないとないのかな・・・?
残念がっていたそのとき、「うさるさん」というキャラに目が止まる。
20070824185407.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・

20070824185404.jpg

・・・これ、良い。


開場時間後、健介オフィスグッズ売場で
中嶋くんがグッズ購入者にサインを入れに来ていたので
神戸の防衛戦の写真を渡そうと思い
「あ、これー・・・」と切り出したら
「あ、はい」とサインを入れようとしだす中嶋くん^^;
「いや、差し上げます」と言うと
「え、いただけるんですかー!?ありがとうございます!」
と、結構喜んでもらえたみたいでした。
「ジャーマンの写真が良いじに撮れてるかなーと」
って中嶋くんに説明していたら、中嶋くん以上に
となりにいた山口くんが目見開いて「おぉっ」
ナイスなリアクションしてくれてました 笑


第1試合:渕vs荒谷
荒谷さんがブレーンバスターにいこうとしたところを
渕さんが首固めで丸め込んで終わり。4分かからず。
確か、会場の使用時間が9時までだったからー・・・


第2試合:平井&H・ライオンvs諏訪魔&近藤修司
諏訪魔&近藤
あまり大した動きのない試合でした。
試合中はハワイアン・ライオンが一番動いていたと思います。
諏訪魔選手がイスで平井さん、レフェリーへも攻撃し
いつも通りにVMの反則負けでした。


第3試合:ミゲル&ペペ&T28vsMAZADA&YAMADA&TANAKA
試合前、YAMADA先生とTANAKA課長が声援の多さで競い合っていました。
若干、YAMADA先生の方が声援多かったかと。
それを延々やっているのでお客さんの1人が
「早よ(試合)しいや~!」とウケ狙いかマジなのかわからないツッコミを 笑
YAMADA&TANAKA
YAMADA先生とTANAKA課長。
TANAKA課長の格好はレフェリーの格好に似ていて
試合している間は時々見分けがつかなかった^^;

フィニッシュとなったTANAKAスペシャルは
稔選手のミノルスペシャルに、すごくよく似ていましたが気のせい?(爆
勝ったサムライジャパンには坦々麺100食分が送られていました。


第4試合:中嶋&櫛田vsセイビン&アトラス
中嶋vsセイビン
中嶋-セイビンの世界ジュニア戦の前哨戦。
お互い先発でガッチリロックアップから始まり
エルボー合戦。良い感じ。
試合はセイビン選手が櫛田選手に勝利し
前哨戦は相手側に軍配。
中嶋選手のキック
中嶋選手はコンディション良さげでしたし
本番ではきっちり防衛してくれるはず・・・^-^


第5試合:武藤&メンドーサvsみのる&土方
世界一性格の悪い男
控えているときも怖い顔のみのる選手。
武藤選手

メンドーサのあまりの捕まりッぷりに、
武藤選手自らがゴング叩く木槌をもって
「ギブアップか!?」とゴングが置いてある机の前で迫っていました。
武藤選手

武藤選手がシャイニングウィザードで土方選手にピン勝ち

試合後、負けた腹いせか、みのる選手がメンドーサを追いかけ
引きずりまわしてました^^;;;

5.27神戸大会観戦記(その3)

メイン:6人タッグマッチ
佐々木健介、小島聡、太陽ケア
      vs
     TARU、諏訪魔、“brother”YASSHI


kensuke79.jpg
この日の注目点は小島選手の去就。
全日サイド残留かVM入りか。健介さんとの関係もどうなるか。
試合前、お互い目を合わすことはありませんでした。
上記の写真だけ見ると、仲間割れ寸前っぽい^^;

kensuke82.jpg
健介さんはこの日も一生健命全力ファイト。
気合いの入ったチョップを連発。
YASSHIの表情が“一年前の悲劇、再び”を感じさせます(笑

kensuke84.jpg
健介さんと小島選手は2度誤爆。でも不穏な空気にはなることなく
小島選手はVMときちんと向き合って戦っていました。
諏訪魔選手との攻防をエプロンから見守る健介さん。
この後、健介さんとのタッチもスムーズに交わしていました。

kensuke86.jpg
最後は健介さんがラリアットでYASSHIからピン。
フィニッシュ直前、TARUが札束のケースを
小島選手に差し出す場面があったものの、小島選手はラリアットで返答。
それを見た健介さんは小島選手とのダブルインパクト。
この合体技を生で見られて嬉しかった~。

kensuke87.jpg
最後は和解の握手。気持ちの良い終わり方で満足満足♪

出待ち時には健介さんに
「お疲れさまでした」と一声かけることもできました。
「ありがとね~いつも」と握手していただきました^_^

・・とまあ、こんな感じの神戸大会でしたけど
この日一緒にいった2人は楽しんでもらえたのかな?
楽しんでもらえて、また行きたいと思ってもらえてたら本望です。

 | HOME |  »

プロフィール

健ちゃん

Author:健ちゃん
プロレスラー・佐々木健介さんのファンな、だららんとした兵庫県民です


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。