けんちゃんのひとりごと

≫2008年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月28日 健介オフィス 博多大会

健介オフィス『Take The Dream Vol.4~博多に行くけん!見にこんね~』
3月28日 福岡・博多スターレーン (19時00分開始)


試合前、3月に健介オフィスに入門した練習生
白石健太郎、鈴木隼人の両名が紹介されていました。

・・・新しい練習生がいたなんて、正直知らんかった-▽-;
たしかに開始前、リングサイドに健介オフィスのTシャツ着た
見慣れない2人がいるな~とは思いましたけど。
健介オフィスもちょっとずつ確実に人員増えていっていますね^-^

そのあと北斗さんの挨拶があり、試合開始です。



◆第1試合 - 埼玉・吉川名物、飛び出せ全国その1!!~博多編~/30分1本勝負
○なまずマン、なまずマン [ 9分6秒 ファイヤーなまずプレス~片エビ固め ] 菊タロー×、阿蘇山

※なまずマンの試合は今回ぐらいの試合時間が丁度良いかなって思いました。
程良くあたためサクッと終わる・・・それぐらいが丁度良いですよ(偉そうにスマン)
あと印象に残ったのは、阿蘇山の頭から火が出ていて
それの煙が充満してそれなりにくさかったです^^;
07260025.jpg 000.jpg


◆第2試合 - がつんといくばい!!博多山笠魂注入/30分1本勝負
×宮原健斗 [ 10分2秒 とぶばい~体固め ] 筑前りょう太○

※健斗くんの試合はデビュー戦以来なのですけど
ぎこちなさもなくなってきて、前回見せなかった技も飛び出したりで
やっぱり少しずつ確実に、プロレスラーとしてのスキルが
あがっていっているんやなー・・・と実感。この子は絶対良い選手になる気がします。
会場も盛り上がった、後味スッキリの良い試合でした
08510010.jpg 001_20091215171853.jpg

002_20091215171852.jpg 003_20091215171852.jpg


◆第3試合 - ヤングボルケーノ・エクスプロージョン/30分1本勝負
○山口竜志、起田高志、南野武 [ 13分34秒 レフェリー暴行~反則 ] 後藤達俊、小原道由×、相島勇人

※当初の予定通りに竜志&起田vs南野&相島の
タッグマッチが行われようとしたとき、相島選手が
「南野、てめぇとなんか組めねーよ!」とマイク。
はい、そして後藤&小原登場で綺麗に3対3ができあがりました^^;

試合には・・・なってなかったですかね
「レスラーならリングの上でやれ!」という北斗さんの声も空しく
ずっと場外乱戦で、ヤングボルケーノ達は犬軍団にほとんど防戦一方でした。
見せ場らしい見せ場も竜志くんが少しあった程度でしたかね。
起田&南野両選手はどこにいたのかもわからずでした・・・汗
でも、こういうタイプの相手とやることも、きっと勉強になるのでしょうね。
いつかは犬軍団をやっつけるときがくれば嬉しいですね。
004.jpg 07260017.jpg


◆セミファイナル - Dash The Volcano Road vol.1/30分1本勝負
○中嶋勝彦 [ 18分36秒 回転エビ固め ] マグニチュード岸和田×

※密かにメインと同じぐらい楽しみだったこの試合。
その期待通り、この試合は面白かった♪

岸和田選手はやっぱり説得力を感じます。
MA-G-MA時代に新日でライガー戦を見たことがあって
そのときもライガーを担架送りにしたのがすごい記憶に残ってるんですよね。
なので中嶋くんは劣勢に立たされる場面が目立ちましたし
口の中が切れたみたいで出血もしていましたけど
目一杯の蹴りにあまり見たことないドラゴンスープレックスなど
カツヒココールの中、全精力を尽くして戦っていた印象をうけました。
最後はラストライドをウラカンラナで切り返しての逆転勝ちという形でした。

個人的には、森嶋戦とか竜志戦より内容良かったと思いましたよ。
008_20091215171851.jpg

010_20091215175125.jpg 009_20091215175126.jpg

012_20091215175125.jpg

014_20091215175124.jpg 015_20091215175124.jpg


◆メインイベント - Take The Dream in FUKUOKA/30分1本勝負
○佐々木健介、秋山準 [ 29分56秒 ノーザンライトボム~体固め ] 鈴木みのる、高山善廣×

※正直言うと、この顔合わせで30分1本勝負なら
「時間切れ引き分けかなー」と思ってました。
これは絶対ほとんどの人が思っていたはず。
そういう意味ではほんと、良い意味で裏切られたというか。
残り4秒で健介さんが高山選手から3カウント奪ったときは
会場全体「えっ!?」っていうビックリしたような反応でしたよ 笑

健介さんのラリアットと高山選手のビッグブーツの打ち合いは
2004年のG1を彷彿とさせるものがあり、感慨深いものもありました。
一発一発の重さという点では、当時ほどではなかったようには感じましたけど
お互い全然引かないから、歓声がどよめきに変わっていって・・・
リング下でも、みのるさんと秋山選手がビンタ合戦を延々やってるしで
どっちに目をやっても見応えのある攻防が展開されてました。
最後は健介さんが勝ちましたし、一番良い終わり方だったのではないでしょうか。
08510013.jpg 08510014.jpg 07270023.jpg 021_20091215181327.jpg

023_20091215181326.jpg 024_20091215181325.jpg 026.jpg
025_20091215181325.jpg 027_20091215181626.jpg 029.jpg

030_20091215181625.jpg



少しおこぼれ話を。
第3試合終了後の休憩時にトイレ行ったのですけど
そのときに「もう帰ろー」という中年男性の声が聞こえたのです。
第3試合のそれがご不満だったのでしょうかね。
そういうのが聞こえて、ちょっぴり寂しかったのですけど、
試合終わって、会場出るときは逆に
「えー、もう21時半!?楽しかったよね~♪」
っていう若い女性の会話が聞こえました。
それを聞いて、ちょっぴり嬉しくなった帰り道でした^_^
スポンサーサイト

学校日記(その50:卒業式)

06年の開講式から綴ってきた
通信制高校での出来事の日記も
キリよく、50回目で最終回となりました。

3月2日
卒業式当日・・・
この学校で出会った親友をはじめ
ボクみたいな人間と仲良くなってくれた人達が
たくさん見に来てくれて、「おめでとう」って言ってくれて
本当にうれしかった。

心から笑いあえる瞬間があって、
卒業するときに祝福してくれる仲間ができるなんて
入学当初は全然思ってなかったから
本当にうれしかった。

通信の高校での出会いすべてが財産で
出会えたことに、心から感謝しています。

学校仲間のみんなへ・・・4年間、ありがとうございました。
そして、これからもよろしくおねがいします!

 | HOME | 

プロフィール

健ちゃん

Author:健ちゃん
プロレスラー・佐々木健介さんのファンな、だららんとした兵庫県民です


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。